読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

アニメ「甲鉄城のカバネリ」の個人的感想とまとめ

Anime

f:id:hirooooo-lab:20160726095510j:plain

前回の文豪ストレイドッグスに続き、見たかったアニメ「甲鉄城のカバネリ」を一気見してみました。

Amazonプライムビデオにあったもんで。

入ってて良かったAmazonプライム!

という事で、甲鉄城のカバネリの個人的感想をまとめてみました。

甲鉄城のカバネリとは

概要

『甲鉄城のカバネリ』(こうてつじょうのカバネリ、KABANERI OF THE IRON FORTRESS)は、WIT STUDIO制作の日本のテレビアニメ作品。 2016年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送された。キャッチコピーは「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」。

あらすじ

噛んだ人間をウイルス感染させ同族に変える怪物・カバネに覆い尽くされた世界。極東の島国・日ノ本では、駅と呼ばれる砦を駿城という装甲蒸気機関車で往来するというカバネから隔離された堅牢なインフラを整備することで生活が保たれていた。 製鉄及び蒸気機関生産の行われる顕金駅では、かつてカバネによって妹を殺された少年・生駒が、独自の対カバネ武器・ツラヌキ筒やカバネウイルスの脳への侵食を止める器具など、カバネに対抗すべく独自に研究を行っていた。ある日、不思議な少女・無名を乗せた駿城の一つ・甲鉄城が、将軍家のある幕府最大の要害・金剛郭に向かう途中立ち寄ってくる。同日、カバネに乗っ取られた別の駿城が突入し、顕金駅は放棄されることとなる。そんな中、生駒はカバネに対抗するも噛まれ、自作の器具を用いてウイルス侵食を止めるも、体はカバネながらも理性と人格を保った存在・カバネリと化する。 当主を含めた多くの犠牲の果てに、駅の住民は甲鉄城に避難する。生駒は自身の身に起きた変化にショックを受けながらも、同じカバネリであった無名とともに彼らに同行し、カバネからの脱出行が始まった。道中、ワザトリや黒煙りなどのカバネ襲撃を経て生駒と無名は皆に受け入れられるようになる。 磐戸駅で美馬率いる狩方衆と合流し、美馬との交渉により金剛郭に向かうまで甲鉄城を克城と連結し行動する事になる。しかし、狩方衆による行動に生駒や菖蒲をはじめとした甲鉄城の人間は不信感を募らせていく。美馬を慕っていた無名も、やがて美馬に騙されていた事に気付き、無名や甲鉄城の人間は美馬の計画のために狩方衆に捕えられる。そして、狩方衆による倒幕が始まった。

by Wikipedia

カバネというゾンビと闘いながら進んで行くダークファンタジー的なアクションアニメです。

アニメ版『進撃の巨人』を手がけたWIT STUDIOによるオリジナル作品とのことで、最初の印象は進撃の巨人に似てるなって思いました。

世界の絶望感とか、カバネを塀で防いでる各駅の設定とか。
カバネを倒す方法が鋼の心臓を破壊するといった特定的な要素なんかも、進撃の巨人に似ているなと思いました。

あとはそこにゾンビ要素で噛まれた人間はカバネになるという設定を追加した感じです。

主題歌は前に紹介したEGOISTが手がけてます。 世界観によくあってる曲ですね。 EGOISTの記事はこちら

www.hirooooo-lab.com

甲鉄城のカバネリ感想

一言で表すと

すんげー面白いです!!!
7話ぐらいまでは。。。。

これは賛否両論あると思うんですけど、6話ぐらいまでは、人類がカバネと一所懸命戦っている様だったり、カバネの恐怖感がすごく良く表現されていて、なんていうかものすごく見入ってしまうんです。

無名ちゃんの無双っぷりだったり、生駒くんがだんだんと強くなっていく様や、人間なのにカバネと戦えるようになっていく来栖などがすごく見ていて爽快でした。

一難さってまた一難のような展開や、不安の中の人間とカバネリとの関係性などもよく描かれていて、戦闘シーン以外でも成長要素がいっぱいあってすごい楽しかったです。

このあとどういう展開になるんだろうというところで、登場してきたのが美馬様。

美馬様の率いる狩方衆の圧倒的戦闘力も登場まではよかったんですが、7話ぐらいから物語の質が変わったような気がしました。

それまではカバネと命カラガラ闘いながら、その都度成長していき、目的地に一歩ずつ進んでいく展開だったのが、美馬というチートキャラ出現で、カバネの恐怖感が一切消え去ってしまいました。

さらには、物語の角質が美馬をラスボスとした展開に進んでいってしまうので、甲鉄城の人間vsカバネという展開から、vs美馬という展開になり、物語の緊迫感や疾走感もなくなってしまったように感じました。

エンディングに向けてのやっつけ感とでも言うのでしょうか?
スケールがでかくなりすぎてしまったんですかね?

個人的にはカバネの謎を解明していったり、最終的には無名ちゃんを人間に戻すような展開に進んでくれたらよかったなって思っちゃいました。

甲鉄城のカバネリまとめ

あくまで個人的感想なので、見る人によっては違う感想となると思います。

できれば違う展開でのエンディングが見たかったかなって思いもありますが、なんだかんだで最終話まで一気見してしまったので、それなりに見入るものはあったのだと思います。

Amazonプライムなら一気見し放題なので、ぜひ機会があったら「甲鉄城のカバネリ」見て欲しいと思います。