Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

MacにHomebrewからGitをインストールする方法

f:id:hirooooo-lab:20160625021112j:plain

Macには標準でGitが存在していますが、せっかくなので、Homebrewを使って管理したいと思います。

なので、今回はMacにHomebrewからGitをインストールして、使用するGitを切り替える方法を説明します。

Homebrewをインストール

Gitをインストールするんですが、なにはともあれHomebrewがインストールされていないと話が進まないので、Homebrewをインストールします。

Homebrewのインストール方法については過去に書いたのでこちらを参照ください。

www.hirooooo-lab.com

HomebrewからGitをインストール

標準のGitの確認

まずはHomebrewでインストールを行う前に、標準でインストールされているGitの確認を行います。

$ git --version
git version 2.14.3 (Apple Git-98)

バージョンが表示されたら標準でGitがインストールされています。

HomebrewのGitの存在確認

次にHomebrewでGitが存在しているかどうかの確認です。

$ brew list
nodebrew

gitが表示されなければHomebrewでGitはインストールはされていません。

HomebrewでGitをインストール

以下のコマンドでインストールを行います。

$ brew install git
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/git-2.15.1_1.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring git-2.15.1_1.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions and functions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions

Emacs Lisp files have been installed to:
  /usr/local/share/emacs/site-lisp/git
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/git/2.15.1_1: 1,488 files, 34.1MB

これでインストールが完了されたはずです。

インストールされたGitの確認

Homebrewにgitのインストール確認

先程のbrew listコマンドで確認してみましょう。

$ brew list
git     nodebrew

無事にgitが表示されました。

gitのバージョン確認

gitのバージョンも確認してみましょう。

$ git --version
git version 2.15.1

先程の2.14.3 (Apple Git-98)から2.15.1に無事更新されました。

git versionが更新されない場合

私は上記手順で更新されたのですが、Homebrewでインストールしただけだとgit --versionで見たときに古いバージョンのGitを参照することがあるようです。

その場合は、新しいGitを見るように以下.bash_profileにexport PATH=/usr/local/bin:$PATHを追記をしてみてください。

$ vi ~/.bash_profile

→export PATH=/usr/local/bin:$PATHを追記

$ cat ~/.bash_profile
if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi
export PATH=/usr/bin:$PATH

ちなみに/usr/bin/gitに古いgitが、/usr/local/bin/gitに新しいgitのパスとなるようで、PATHの優先順位が/usr/binのほうが先の場合に、古いGitを参照してしまうことがあるようです。