読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

Node.jsをMacにインストールしてnpmを使えるようにする

Development node npm mac

f:id:hirooooo-lab:20160707184623p:plain

開発環境の構築するときのメモです。
今回はNode.jsのインストールについてメモしておきます。
AngularJSやReactなどフロント界隈の開発をすることが多くなってきたので、npm使ったりするためにも必要です。
Node.jsをインストールするに辺り、バージョンを切り替えたりする必要あると思うので、今回はNodebrewを使用してインストールしてみました。

nodebrewとは

node.jsをversion管理するためのtool 複数のnode.jsのバージョンを切り替えたりできるので、早いバージョンアップにも柔軟に対応することができます。

nodebrewをインストール

Node.jsがインストールされているかバージョン確認

まずは、Node.jsがインストールされているかを確認します。
ターミナルで以下のコマンドを実行。

$ node -v

バージョンが表示される場合はインストールされているので、アンインストールしましょう。
アンインストールの仕方はググってください。。。ごめんなさい。
誰か偉い人が作ってくれたスクリプトとかが落ちてるので、そちらを使ってみたりするといいと思います。

homebrewのインストール

nodebrewをインストールするために、今回はhomebrewからインストール行います。
homebrewがインストールされてない場合はインストールしましょう。
インストール方法は過去記事を参照ください。

www.hirooooo-lab.com

nodebrewのインストール

homebrewがインストールできたら次はnodebrewのインストールを行います。
ターミナルで以下のbrewコマンドを実行します。

$ brew install nodebrew

成功するとこんなメッセージが表示されればOK

$ brew install nodebrew
==> Downloading https://github.com/hokaccha/nodebrew/archive/v0.9.6.tar.gz
Already downloaded: /Users/xxxxx/Library/Caches/Homebrew/nodebrew-0.9.6.tar.gz
==> /usr/local/Cellar/nodebrew/0.9.6/bin/nodebrew setup_dirs
==> Caveats
Add path:
  export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

To use Homebrew's directories rather than ~/.nodebrew add to your profile:
  export NODEBREW_ROOT=/usr/local/var/nodebrew

Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completion has been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/nodebrew/0.9.6: 7 files, 36.8K, built in 0 seconds

バージョン確認

正常にインストールされたか確認するために、バージョン確認します。
ターミナルで以下のコマンドを実行します。

$ nodebrew -v

こんなのが出力されればOK

$ nodebrew -v
nodebrew 0.9.6

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install from binary
    nodebrew install-binary v0.10.22

    # use a specific version number
    nodebrew use v0.10.22

    # io.js
    nodebrew install-binary io@v1.0.0
    nodebrew use io@v1.0.0

Node.jsの最新版をインストール

nodebrewがインストールできたので、続いてNode.jsをインストールしていきます。

インストールできるノードのバージョンを確認

以下のコマンドでインストール可能なバージョンの一覧が表示できます。

$ nodebrew ls-remote

Node.jsのインストール

今回は最新版をインストールしたいので、以下のコマンドを実行します。

$ nodebrew install-binary latest

バージョン指定したい場合はlatestの部分をv5.12.0のように指定すればOK

ちなみに、install-binaryじゃなくてinstallでも実行可能ですが、同時にコンパイルがされるようで、ものすっごく時間がかかります。
なので、install-binaryで実行するのがおすすめです。

インストールされたNode.jsのバージョンの確認

以下のコマンドでインストールされているNodeのバージョンが一覧で表示されます。

$ nodebrew list
v5.12.0
v6.2.2
v6.3.0

current: none

エラーになる場合(2017-02-09追記)

久々に新しい環境に構築しているときにインストールでエラーだと怒られました。
nodebrewによるNode.jsインストール手順 - ITと服と食とで参考にしていただいたの記事を更に参考に追記しておきます。
ありがとうございますー。

こんなエラーが出る場合があります。
おそらくnodebrewをインストールした直後だと思います

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.5.0/node-v7.5.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file
Warning: /Users/home/.nodebrew/src/v7.5.0/node-v7.5.0-darwin-x64.tar.gz: No
Warning: such file or directory
                                                                           0.0%
curl: (23) Failed writing body (0 != 941)

そんなときは、下記コマンドでディレクトリを作ってあげましょう。

$ mkdir -p ~/.nodebrew/src

これでイケるはず!

インストールしたNode.jsバージョンを有効にする

インストール直後は、current: noneとなっているので、使用するバージョンを有効化します。

$ nodebrew use  v6.3.0

もう一度listを確認して、currentが変わっていればOK

$ nodebrew list
v5.12.0
v6.2.2
v6.3.0

current: v6.3.0

実行パスを通す

以下のコマンドでnodeコマンドへパスをbashrcへ保存します。

$ echo 'export PATH=$PATH:/Users/xxxxx/.nodebrew/current/bin' >> ~/.bashrc

※xxxxxはUserのHomeDir名

ターミナルを再起動してNode.jsのバージョンを確認

ターミナルを起動なおして、以下のコマンドで使用するNode.jsのバージョン確認します。

$ node -v

正常にバージョンが表示されればOK

$ node -v
v6.3.0

npmも使えるかバージョン確認

Node.jsがインストールされると、npmも一緒にインストールされているはずです。
npmを使うことのほうが多いと思うので、npmコマンドも使用できるかバージョンを表示して確認します。

$ npm -v

こちらもバージョンが表示されればインストールOK

$ npm -v
3.10.3

これでインストールは完了です。