読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

【メモ】npmでよく使うコマンドまとめ

Development npm node memo

f:id:hirooooo-lab:20170110142845j:plain

環境構築をする上で便利なパッケージ管理にnpmがあります。
npmでは使用するパッケージを簡単にインストールしたり、package.jsonに記載しているパッケージを一括でインストールしたり、開発環境を構築する上でとっても便利です。

最近ではnpmスクリプトを使ってbuildを実行したりするのがトレンドのようで、みなさん当たり前のように使っていると思います。

毎回使用するときにGoogle先生にてコマンドを調べて実行していたりするので、よく使うnpmコマンドをまとめて置きたいと思います。

セットアップコマンド

npmのインストール

npmを使用するためにNode.jsをインストールする必要があるので、Nodeのインストール方法は前に書いた記事を見てもらえると嬉しいです。

www.hirooooo-lab.com

package.jsonの生成

package.jsonを生成してnpm環境をセットアップします。

$ npm init

npmのバージョン確認コマンド

$ npm -v

パッケージのインストールコマンド

プロジェクトにインストール

$ npm install [パッケージ名]

ちなみに、installコマンドは

$ npm i [パッケージ名] 

のように省略してもOKです。

package.jsonに追加してインストール

package.jsonに自動で追加する場合は--saveまたは--save-devオプションを使用します。

$ npm install --save [パッケージ名]
または
$ npm install --save-dev [パッケージ名]

これでpackage.jsonのdependenciesかdevDependenciesに自動て書き込みを行ってくれます。

プロジェクトからアンインストール

$ npm uninstall [パッケージ名]

uninstallコマンドも省略や以下のコマンドでも同様にアンインストールが行えます。

$ npm un [パッケージ名] 
$ npm remove [パッケージ名] 
$ npm r [パッケージ名] 
$ npm rm [パッケージ名] 

package.jsonからも削除してアンインストール

インストール同様に --saveまたは--save-davのオプションを付けます。

$ npm uninstall --save [パッケージ名]
または
$ npm uninstall --save-dev [パッケージ名]

グローバル環境にインストール・アンインストール

バージョンに関係なく、どのプロジェクトでも使用するようなパッケージをグローバル環境にインストールできます。
使用するにはinstallコマンド、uninstallコマンドに-gのオプションを付けて実行します。

$ npm install -g [パッケージ名]

パッケージをまとめてインストール

package.jsonに記載されているパッケージをまとめてインストールします。

$ npm install
または
$ npm update

確認コマンド

インストールされているパッケージの確認

インストール済みのパッケージの一覧を表示するには以下のコマンドを使用します。

依存関係を含めないインストール済みのパッケージの確認

$ npm ls --depth=0

依存関係を含めたインストール済みのパッケージの確認

$ npm ls

こちらも同様に-gオプションを使用するとグローバル環境のパッケージの確認が行えます。

最新になっていないパッケージを一覧表示

インストールした時点から、バージョンが更新されていて、最新ではないパッケージの一覧を表示します。

$ npm outdated

これでざっとパッケージ管理はできるはず。
そしていつでも見れるから忘れても大丈夫...

ちゃんと主要なコマンドを覚えて使いこなしたいと思います!