Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

登紀子ばぁばの「あぶ玉丼」絶対オススメなのでレシピと作り方を公開

f:id:hirooooo-lab:20160803003413j:plain
※ごめんなさい、TOP画像は「あぶ玉丼」じゃないです。。。

前回のダウンタウンDXのかんたんレシピの記事で少し触れましたが、その時に「登紀子ばぁば」こと鈴木登紀子さんの「あぶ玉丼」を思い出しました。

前回の記事
www.hirooooo-lab.com

ダブル辻さん「油であげないご馳走焼きコロッケ」も、「絶品サーモンパテ」も、すっごく簡単で美味しそうでしたが、このあぶ玉丼はさらに簡単です。

今回はそんな「あぶ玉丼」を紹介したいと思います。

鈴木登紀子さんとは

あぶ玉丼の紹介の前に、鈴木登紀子さんについて少しまとめてみました。

青森県八戸市出身。幼少時に母親から料理の方法を学ぶ。太平洋戦争終結後に結婚、東京へ引っ越す。
近所での料理の腕前が評判になり、教室を開く。これがきっかけで『きょうの料理』『キユーピー3分クッキング』に出演するようになり、講師として知られるようになる。
また、『明石家さんちゃんねる』(TBS系)では「さんま・ばぁばのおいしい時間よ」というコーナーを担当している。『エラいところに嫁いでしまった!』では「料理研究家・鈴本登紀子」としてドラマ初出演を果たした。
2011年より『あさイチ』内の料理コーナー「あさイチこばん」の講師役として出演(不定期)する。
現在でもテレビ番組への出演や田園調布の自宅で料理教室を開くなど、現役である。

byWikipedia

昭和の時代を生きた日本の料理研究家で、現在も現役で活躍されている方です。

91歳ばぁばから学ぶ、生涯愛される秘訣

鈴木登紀子さんのあぶ玉丼を知る切っ掛けになったのが、以前テレビでみた「林先生が鬼講義!女性が幸せつかむ新方程式 グサッとアカデミア?オンナの現実学?」という番組でした。

番組の中では、「91歳ばぁばから学ぶ、生涯愛される秘訣」として、登紀子さんが女性の社会化が進んでいない時代の中、どのように料理評論家として活躍していくのかを、ご主人とのエピソードや、やり取り等を、再現VTRで紹介しながら話が進んでいきます。

そのなかで寡黙な旦那さんの愛情や、今となってわかるエピソードなど、内容はすごく愛を感じる素敵な番組でした。

料理研究家として活躍するまでの道

番組内で紹介していた、料理評論家までの経緯をざっと書いてみました。

まだまだ女性が社会で仕事をするような時代になる前、近所へのおすそわけの評判が良かったことから、旦那さんに内緒で近所の人を集めて料理教室を開き始めます。

その評判が広がり、雑誌への掲載が始まります。
その雑誌の編集者の人から受けた「登紀子さんならではの主婦の料理を紹介してほしい」という要望がありました。

その際に思いついたのが、「登紀子ばぁばの幸せ和食 100円どんぶり」のあぶ玉丼だそうです。

その後、雑誌の連載の評判はどんどんと上がり、料理評論家としての仕事が増え、NHKの料理番組への出演も果たします。
その番組は、以降40年に渡り出演し続け、月の半分は撮影となるほど忙しい生活だったようです。

まだ、女性の社会化が進んでいない時代に、料理教室を開くときも、雑誌の掲載を始める時も、テレビ出演を果たした時にも、夫に話をすると、決まって「そうかい」と一言応えるだけだったそうです。

そんな夫への後ろめたさを持ちながらも、料理にのめり込んでいくのですが、ここまで出来たのは、主人の理解があったからだと思っていますと言っていました。

いい話だなぁ。。。

詳しくは、番組のHPはなかったのですが、まとめてくださっている記事を見つけたのでリンクはらせていただきます。

urara.club

あぶ玉丼

さて、ここからが本題です。
番組内でも紹介していた、「幸せ和食 100円どんぶり あぶ玉丼」のレシピと作り方を紹介したいと思います。

材料

  • 油揚げ 1/2
  • みりん 大さじ1
  • 薄口醤油 大さじ1/2
  • かつおだし汁 適量
  • 卵 1個か2個

これだけです!いつでも作れますね。

作り方

  1. かつおだし汁にみりん、醤油を入れ、細切りにした油揚げを煮ます。

  2. 卵でとじます。

ポイント

油揚げが「畑のお肉」と云われる大豆なので、煮こむことによりコクが出ます。
その食感はまるでお肉です。

私の場合は、かつおだし汁ではなく、めんつゆを使ったり、醤油・みりん・酒で割り下を作って使ったりもしています。

洗い物の観点

前回の記事でも洗い物観点の考察を書いていたので、今回も同じように考えてみました。

主な洗い物

  • 包丁
  • どんぶり

以上です。これはもう言うことなしです。

画像

すみません。
自分で作った写真を撮り忘れてしまったので、次に作るまではこちらのサイトから画像お借りさせていただきます。
勝手に使っちゃってすみません。。。。

f:id:hirooooo-lab:20160803003908j:plain
出典:ミントライフ さん

f:id:hirooooo-lab:20160803003920j:plain
出典:マダムブルーでも楽しくうららかな毎日のための情報 さん

登紀子ばぁばのあぶ玉丼まとめ

鍋で軽く煮て卵とじにするだけ。
こんな簡単な手順でまるでお肉のような食感の美味しい丼が出来ます。
調理時間も5分くらいで完成するので、忙しい日でもさくっと作れちゃいます。
洗い物も全然でないですし、ほんとオススメ簡単料理なので、是非一回作ってみて欲しいです。