読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

【お題】人生の大きなターニングポイントになったのではないだろうか

f:id:hirooooo-lab:20160628121757p:plain

今週のお題「2016上半期」

ということで、2016年の上半期について何か書こう振り返ってみたら、人生の中での大きな決断をした時期だと思う。
この上半期はこの決断が全てと言ってもいいぐらいの大きい決断だった。

13年所属した会社を転職することになった。

これを気に、転職について一連を振り返ってみようと思う。

13年務めた会社を辞める決断

数年前から会社の様子がおかしくなっていくのを感じていた。
なにか気に喰わないことがあると、誰かのせいにしないとすまない経営者たちが居て。
その標的となる幹部社員の私達が居た。

世間で言うブラック企業そのもので、残業代なんて出ないが、休日出勤は強制される。
有給なんて取ろうものなら、鬼の形相で嫌味を言われ、他の社員に悪口を言う。
意見を言うと、立場が悪くなるので、幹部社員は誰も何も言わなくなった。
それでも罵声を浴びさせられ続けると、幹部の糸がプツリと切れていくようになった。
ような日が続いていくと、1人、また1人と限界を迎えていき、私も決断をする時が来た。

私が決断するのと同時に同僚の幹部社員が2人、後輩が2人退職を申し出た。
もちろん会社は激怒してきたが、もう私たちは相手にする体力すら無かった。
結局すべて事の発端である私のせいにすることで落ち着いたようだ。

でも、そんなこともどうでもいいし、なによりも早く辞めたかった。

ここまでお世話になった恩を感じながらも、円満退社とは程遠い結果となってしまった。

はじめての転職活動

学校を卒業して、すぐに入社した会社だったので、転職活動というものをしたことが無かった。
それどころか、就職活動すらほとんどしないで入社していたので、ぶっちゃけ不安だった。

ただ、幾つもの現場に参画する際に、毎度のごとく面談を行うSES形態で仕事をしていたので、面接に対する不安は全然なかった。

なにが不安だったかというと

  • 自分の希望とする会社があるのかどうか?
  • 子供がまだ小さく、保育園に通わせているため、子供の都合で遅刻や早退をすることを容認してくれるのか?
  • 自分の都合を聞き入れてくれる会社があるか?
  • あったとしても年収が下がるのではないか?

でも、これらは転職活動をはじめてすぐに不安はなくなった。

何社か気になる会社さんに応募させて頂き、面接をしてみると、基本的には二つ返事でOKの返答を頂けたので、その不安もすぐになくなった。
年収に関しても、今までが低いとは言わないが、どこも年収アップが見込めることを考えると、平均以下だったのだと実感してきた。

それからは、いくつか自分の希望に一番近い条件も踏まえてじっくり検討することにした。

  • 始業時間がは遅めのところ
  • 裁量による作業調整が可能なところ
  • Macを使える
  • 最新の技術に触れられる
  • 上流から下流までの作業を行える
  • 自社内勤務
  • 年収は今以上
  • 上場企業や安定企業

希望を上げればきりがないが、上記に書いたような内容は全てクリアした会社と巡りあえ、内定を頂けたので、転職活動は特に苦労もなく終了した。

今現在、転職活動は売り手市場極まりないと思う。
転職を考えている人は今は絶対チャンスですよと!と声を大にして言いたい。

下半期に向けて

新しい会社の入社は7月からとなり、6月いっぱいは現職の作業を全うしている。
自社の手続きはすでに全て完了しているので、最終日すら戻ることもない。

仲の良い社員とは個別で送別会を開いてもらったり、現場の会社やチームメンバーからは送別会をたくさん開いてもらっている。

7月からは社会人の第二スタート。
希望と不安が入り混じっているが、正直不安のが大きい。
家族もあるし、子供も居るので、精一杯頑張らないといけない。
なので、今その充電期間だと勝手に決めている。

さーて頑張れ俺!!!

あとがき

なんか文章もガタガタだし、思ったことをそのまんま書いたので、若干気持ち悪いけど気にしない...