読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

お食い初めで用意するもの、準備、やりかたについて調べてみました

LifeLog child food

f:id:hirooooo-lab:20160625014815j:plain

娘が生まれてからはや100日(正確には110日)たったので、古き良き習わしに沿ってお食い初めをやってみました。

お食い初めについて色々と調べてみたので、用意するものや、やり方についてまとめてみます。

同じように初めてお食い初めを行う人や、調べている人の参考になれば嬉しいです。

お食い初めって?

個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始める。この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。

とのこと。by Wikipedia

赤ちゃんの健やかな成長をみんなでお祈りする、お祝いの儀式ですね。

用意するもの

お食い初め用の食器

一応お食い初め用の食器は決まっているようです。
でもウチはそこまで用意しませんでした。

歯固め石

歯が丈夫になるように歯固め石というのが御膳に一緒に並べられるとのことです。 近所の神社でお参りしたのち、ちっこい綺麗な石を拾ってきました。

食材

基本は尾頭付きのタイの焼き物と、煮物、お吸い物、お漬物、赤飯のようです。

これらについて詳しく後述していきます。

用意する食器

正式には漆の器

使用する食器は正式には決まっているようで、男の子と女の子では使用する器が違います。
男の子ならば外も内も赤いやつ漆の器を、女の子ならば外が黒くて内が赤い漆の器のを使うみたいです。

こういうの

カッコいいなって思うけど、一回しか使わないと思うとなかなか手が出せないですよね。。。

お母さん側の実家から送られるのが通例っぽいですが、最近では子供用の器をプレゼントして、それを用いてやる家庭も増えてるみたいですよ!

我が家も離乳食用の子供用食器で行いました。
ベビーカーを買ったときにおまけで頂いたプーさんの食器セットで代用です(笑)

コンビ くまのプーさん ベビー食器セット

コンビ くまのプーさん ベビー食器セット

最近はお祝い膳の食器のレンタルをしているところもあるようなので、食器にもこだわりたい人は調べてみるといいかもしれません。

あとは離乳食や普段使いでも使えるお食い初めの食器セットなんかも売っているので、こういうのなら買っても1回しか使わないってこともないので良いと思います。

お祝い箸

せっかくなのでお箸は祝箸を用意しましょう!
こういうの
大和物産 割り箸 祝い箸 友禅水引 3膳

もしかしたら大きい100円ショップとかでも手に入るかもしれません・・。

献立

献立は基本的には、赤飯、焼物、煮物、汁物など一汁三菜です。

基本的な献立

  • 尾頭付きの焼き魚(地方によって魚の種類が違う場合もあります)
  • お吸い物汁(鯛、鯉などの実)
  • 煮物
  • 香の物(野菜の漬物や酢の物)
  • 赤飯

うちはオーソドックスにメインで尾頭付きのタイを焼き物と、赤飯、煮物、漬物、お吸い物にしました。

鯛の焼き物

尾頭付きのタイってなかなか売ってなくて、用意するの大変だと思ってたんですが、近くのスーパー(魚コーナーがあるところなら尚よし)で予約ができるので、そこで予約すると簡単に用意してもらえました。

ただ、本来はお祝いでは天然物の鯛(天鯛)のほうが良いとされているようです。

スーパーで売っている鯛(予約して買える鯛も)は、主に養殖の鯛が多いようです。 なので天然ものにこだわる場合は、事前にスーパーの店員さんに確認してみたり、最近では通販で買えますので、どうしても天然にこだわりたい人はこういうの利用するのも良いと思います。

煮物

煮物には、紅白のにんじんと大根や、旬の食材なども利用するようです。
「亀の甲羅」の形の六角形に切ったかぼちゃやしいたけも使ったりされるようですね。

そこまでちゃんとこだわらなくても、筑前煮や里芋の煮ころがしなどでもいいと思います。 うちは普通の筑前煮でした。

お吸い物

お吸い物は蛤(はまぐり)のお吸い物がオーソドックスとされています。
特に女の子では、良い縁に恵まれるようにと願って蛤のお吸い物とするようです。
蛤は対になっている貝殻以外では形や大きさが合わない用で、夫婦の象徴とされています。

余談ですけど、東京03のコントのネタでもそんなようなのがありましたねw

歯固め石と一緒に梅干しもオススメ

先に書きましたが、歯固め石を用意して一緒にお膳に盛り付けます。
ウチでは一緒に梅干しも用意しました。
(しわが多い梅干しは、シワができるほど長生きするようにって願いを込めておくそうなので)

儀式のやり方

赤ちゃんなので、食べさせるマネをするだけです。 食べさせてあげる人も正式には決まっており、集まった人の中で長寿のひとが基本行うようです。

男の子なら男の最年長のひと、女の子なら女の最年長のひとが行うのがセオリーみたいですけど、そこまで形式にこだわらないならお父さんでいいみたいです。 ウチは私(パパ)がやりました。

また、地域によっては一粒なめとして、一粒だけでも食べさせたりするそうです。

食べさせる順番

赤飯 ⇒ お吸い物 ⇒ 赤飯 ⇒ 焼き魚 ⇒ 赤飯 ⇒ お吸い物 をワンセットとして ×3回行えばOKらしいです。

煮物とかお新香も入れる場合はこんな感じでOK

赤飯 ⇒ お吸い物 ⇒ 赤飯 ⇒ 焼き魚 ⇒ 赤飯 ⇒ お吸い物 ⇒ 赤飯 ⇒ 煮物 ⇒ 赤飯 ⇒ お吸い物 ⇒ 赤飯 ⇒ お新香 ⇒ 赤飯 ⇒ お吸い物 ⇒・・・

っていう具合に赤飯で基本挟み込んで、おかずとお吸い物を交互にって感じみたいです。

歯固めの儀式

丈夫な歯が生えますようにという願いを込めて歯固めの儀式も行います。
用意した歯固め石にそっとお箸を触れた後、そのお箸を赤ちゃんの歯茎にあててお祈りします。

使い終わった歯固め石は、半紙に包んで保存したり、神社に返したりと地域によってまちまちみたいです。
私は後日神社にお祈りとお返しに行こうと思います。

まとめ

以上がざっくりお食い初めのまとめになりますが、お祝いごとなので、そこまで形式にこだわるよりは、なによりもお祈りする気持ちが大事だと思います。

うちも色々と調べて、準備してやりましたが、やっぱり一番はお祝いする気持ちだと思うので、あまり型にハマり過ぎずに、ただただ子供の成長をお祈りして行いました。

これで愛娘は一生食べ物に困らないはずですww

せっかくの一生に一度のお祝いの儀式ですので、これから行われる人や、準備している人の、少しでも参考になれば幸いです。