Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

BLACK LAGOON(ブラックラグーン)の個人的感想まとめ(アニメ)

f:id:hirooooo-lab:20190617162805j:plain

アニメ「BLACK LAGOON」をイッキ見しました。

BLACK LAGOONはちょっと前から気になっていたアニメで、第1期、第2期、OVAと全部含めて全29話です。
Amazon Prime VIdeoに全部あったので、通勤途中にiPadにダウンロードして見まくりました。
(毎回言うけどAmazon Prime VIdeoサイコー!!!)

ということで、今回はBLACK LAGOON(ブラッックラグーン)の個人的感想について書いてみます。

ネタバレ要素もあるかもしれないので、まだ見てない人はそっとページを閉じることをおすすめします。

BLACK LAGOON(ブラッックラグーン)とは

概要

『『BLACK LAGOON』(ブラック・ラグーン)は、広江礼威による日本の漫画、またそれを原作としたアニメ作品。
タイの架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、荒事も請け負う運び屋と、いわゆる裏社会に属する組織や人物たちが繰り広げるクライムアクション作品。 銃や爆弾などが頻繁に登場し、一部のシーンにかなり残酷な描写、一部の人物の言動に表現上の問題、そして社会的な問題描写も見られる。作中年代は登場人物の経歴や台詞から、1990年代後半であることが示唆されている。
猥語や俗語が頻繁に飛び交い、銃撃戦での殺戮及び格闘戦を盛り込んだ暴力描写の活劇要素、舞台となる島での勢力構図から他愛無い日常で発生するスラップスティック、(主に)アメリカのTVドラマやハリウッド映画作品の引用まで、娯楽要素満載の構成となっている。

by Wikipedia

いやー。wikipediaって便利ですよね。

BLACK LAGOONの主な登場人物

ロック

本作の主人公。本名は岡島 緑郎(おかじま ろくろう)。昭和49年8月(アニメ版では昭和45年8月21日)生まれ。東京都出身。 1年浪人して国立大学を卒業後、一流企業である旭日重工の資材部東南アジア課に勤務していた。
父や兄は中央省庁の官僚であるが、同じ進路を望んでいた家族の期待を裏切ったものだと認識しており、家族仲は非常に悪かったと語っている。
ラグーン商会の件で会社に見捨てられたことをきっかけに本名を捨て、「ロック」(命名はダッチ)を名乗ってメンバーに加わる。 銃器は一切使えないが、いざという時の肝は据わっており、作戦においては頭脳労働が中心の参謀役。
過去の取引相手の家族構成まで把握しているほど記憶力が良いうえに機転にも優れ、サラリーマン時代の知識や情報を交渉や判断材料にするなど役立てている。
常時ネクタイを欠かさないホワイトカラースタイルを貫き、ロアナプラでも「ネクタイを締めた海賊」と認知されている。

非日常に放り出された常識人だったロックが、ラグーン商会で頭脳として立ち回っていく姿とか、青臭いことを貫き通す感じが、見ていて歯がゆくもあり、見どころでもある、すごいバランスで描かれている主人公。
時折すごーく残酷な感じになったり、賭けた大博打な作戦を実行したりもするけど、結果的には自分の筋はちゃんと通してるのかなーって印象でした。

「貴女は一つ勘違いをしている。
義理じゃない、正義でもない。
理由なんてたった一つだ。そいつは−−−俺の趣味だ。」

レヴィ

本作のヒロイン。本名はレヴェッカ・リー。ニューヨーク出身の米系華人。 「二挺拳銃(トゥーハンド)」の異名で知られた凄腕ガンマン。
得物は「ソード・カトラス」と呼んでいるベレッタM92FS Inox(の海外製コピー品)のカスタムモデル。
バレルを6インチに延長し、象牙製のグリップに髑髏と2本のカトラスで構成されたエンブレムを埋め込み、スライドの左には「9mm SWORD CUTLASS」、右にはタイ語の刻印が施されている。
過去のことに触れられたり思い出すと虚ろで胡乱な目つきになるが、銃撃戦のような命のやり取りの際には水を得た魚の如く、生き生きと駆け回る。
トレーニングを怠らず、銃撃しながら船から船への跳躍もできるほど、身体能力は抜群に高い。
また、スクーバダイビングも得意で、ダッチに「泳ぎに天性の勘がある」と絶賛されている。
かなりの短気な性格かつトラブルメーカーであり、ロックの正論に反発しては2人で口論になることが多い一方、彼のことを心配して庇うことを常とする。
金にもうるさく、そのためなら単独行動に出ることも少なくない

もうこの作品のまちがいなくメインキャラだと思います。
主人公はロックですけど、メインは間違いなくレヴィだと。
冷酷な悪い目つきで残酷クールな性格ですが、おちゃらけてるような時もあったり、余裕がある感じがただただかっこいい!そして強い!
もうセリフもかっこよすぎ!

「ショウタイムだ、踊らせろ!」「オーライベニー、ハイなタンゴを見せてやるよ」

ダッチ

本作の狂言回し。ラグーン商会のボスであり、「ブラック・ラグーン号」の船長。
ゴーグルサングラスを外さない筋骨隆々のインテリ黒人。
常に冷静沈着なスタンスを保つ図太い神経の持ち主(ベニー曰く「タフで知的で変人」)。
ロアナプラの各勢力から一目置かれ、常にタメ口で接している。
渾名をつける癖があり、第1話で「ロック」の名付け親になった。

さすがボスって感じのキャラで、いろんな人から一目置かれている感じがひしひしと伝わる頼りになる船長。
冷静沈着・知的なキャラでみんなのまとめ役って感じがかっこいい。

「全くとんでもねえ野郎を拾っちまったなァ。
イかれてるとしか思えねぜ。
だが面白え。面白えってのは大事なことだぜ、ロック。
やったやろうじゃねえか。」

ベニー

グーン商会のメカニック、情報収集役。ユダヤ系アメリカ人。
電子機器に長けたウィザード級のハッカー(本人も「ケビン・ミトニック級」と自認している)。
自分の機器に並々ならぬ愛着を持っており、他人に機器を触らせることを徹底的に拒む。
自動車のドライビング技術にも優れ、運転手役を担当している。
ロックと比較的近い価値観を示すが、ロアナプラで生きていくため不条理なことが身近で起きても干渉せず、静観を貫いている。

ラグーン商会の中では一番一般人ぽい感じのキャラ。
非戦闘員のキャラだけど、ハッカー技術は相当なもんで、ロックの良き話し相手って感じがしましたねー。

「誰かがほんの少し優しければあの子たちは−−−学校に通い、友達を作って、幸せに暮らしていただろう。
でも、そうはならなかった。
ならなかったんだよ、ロック。
だから−−−この話はここでお終いなんだ。」

その他の重要キャラ

バラライカ(ホテル・モスクワ)

かっこよすぎ! 切れたときの軍人になる感じとか、見ているこっちも怖くなる迫力と貫禄がサイコーです。

「行こうか、同志諸君。撃鉄を起こせ!」

チャン・ウァイサン(三合会)

通称チャンのダンナ。
チャンもかっこいいし、何より強い!
この作品は物言いがすごい特徴的だと思うんですけど、チャンが例える言葉がかっこいいのなんの。

「俺は時々、どでかいクソの上を歩いてる気分になるよ。
特にその手の話を聞いた時にはな。
だが―――俺には道徳やら正義ってものは、肌に合わん。
その手の言葉と尻から出るヤツは、びっくりする程似てやがる。
そのガキ共に同情するのは、ミサイル売って平和を訴えてるど阿呆共とどっこいだ」

エダ(暴力教会)

暴力教会のシスターのいち面とCIAの諜報員の2面を持つキャラ。
レヴィとはいいコンビで、双子を二人で追い詰めるときとか、一緒に酒飲んでたり、対等なダチって感じがいいですねー。

「”今晩は”が抜けてるぜ。ド阿呆ども。」

ロベルタ

メイド姿のやばいメイド。 OVA第3期でも登場して、どんどん壊れていってしまうのが悲しかったけど、やっぱりいろんな意味でヤバかった。

「生者の為に施しを、死者の為に花束を。正義の為に剣を持ち、
悪漢共には死の制裁を。
しかして我等−−−聖者の列に加わらん。
サンタ・マリアの名に誓い、全ての不義に鉄槌を。」

この他にもヘンゼルとグレーテルとか銀さんとか素敵なキャラはいっぱいいいすぎて紹介しきれません。

BLACK LAGOON(ブラッックラグーン)感想

出てくるキャラの設定というか個性が抜群によい作品だと思います。
設定や世界観はかなりダーク向けの作品で、描画とか内容もたまにエグい感じもありましたが、それもまたBLACK LAGOONの良いところだと思います。

魅力が沢山あるので、ポイントをいくつか。

正統派アニメではない

よくある正義のヒーロー系アニメではないですし、必ずしもハッピーエンドではない感じも良いです。(何をハッピーと定義するかにもよると思いますが)
それでも、俺TUEEEEEEな爽快感もありますし、迫力も抜群です。

セリフが秀逸

普段の会話で使われる例えとか、言葉遊び、言い回しがとても変わっていて、それが非日常の世界観をうまいこと表現していると思いました。
出てくるセリフセリフがかっこいいのなんの。
名言を集めたサイトを見つけたのでリンクを貼らせていただきます。

festy.jp

OPがかっこよすぎる!

BLACK LAGOONのOPなんですが、これがまたかっこいいんです。
MELLさんが歌う「Red fraction」って曲なんですけど、疾走感ある曲調で、映像もかっこよい!
MELLさんの声ともマッチしてて、このOPだけでテンション上がってきますね!!
Youtubeにあったので、こちらもリンクを張っておきますので是非見てみて下さい。

youtu.be

BLACK LAGOON(ブラッックラグーン)の感想まとめ

ほんと前から気になっていたアニメで、いつか見よう見ようと思って見れてなかったんですが、いざ見始めたらすぐにイッキ見するほど面白かったし、世界観にガッツリ引き込まれました!

良くも悪くも重火器バンバン系で描画や内容はエグみがありますが、そういうのが好きだったり平気な人は是非見てほしいです。

まだ見たことない人はAmazonプライムで見れるので、ぜひ見てみるといいと思います。