Hirooooo’s Labo

開発メモ、ガジェット、日記、趣味など、思った事を思ったまんま書くブログ

MacのExcelでセルの編集を行うショートカット(WindowsでF2)はCtrl+U

MacのExcelでセルの編集を行うショートカット(WindowsでF2)はCtrl+U
MacのExcelでセルの編集を行うショートカット(WindowsでF2)はCtrl+U

あまり使わないのですが、仕事上MacでExcelを利用することがたまにあります。
Windowsを使っていた時はかなりの頻度でExcelを使っていたのですが、Macに乗り換えてからはあまり使わなくなりました。
そのため、毎回Excelのショートカットが分からずモヤモヤとすることが多いので、今回は個人的に一番利用頻度が高い、セル内の値を編集モードにする(WindowsのF2)、のMac版のショートカットを紹介します。

MacのExcelでセルの編集を行うショートカット(WindowsでF2)はCtrl+U

結論からというか、タイトルそのままなのですが、MacのExcelにおいて、選択しているセルを編集状態にするショートカット(WindowsのF2)を行うためには

Ctrl+U

を押します!

と、思っていたら...

実はMacでもF2キーを押すと選択しているセルが編集状態になりました!
使っているキーボードやPCの設定によるところもあると思いますが、通常F2キーは明るさの変更が割り当てられていると思います。
しかし、ちゃんとファンクションキー(Fn)と一緒に押すことでF2キーとして認識され、セルが編集モードに切り替わるじゃないですか!

余談ですが、私が使っているキーボードはこちら

一度HHKBを体験すると他のキーボードでは満足できない体になるので注意です!

結論

MacのExcelでセルの編集を行うショートカットはCtrl+Uでも、Fnキーと同時に押すF2でもどちらでもOK!!

困ってる誰かに届くと幸いです。